【子連れで釣り】砂浜(ビーチ)が安心です!秋冬春のビーチは子連れフィッシングにおける最強の穴場スポット!

育児

子供が少し大きくなって来て、釣りに行きたいと言い出したら何処へ釣れて行くか迷いますよね。

まずは安全面、釣りに飽きたらどうするか…。はたまた他人様に迷惑をかけないように…。トイレはあるのかな。

船釣りは最初にしてはハードルが高いし、磯や沖堤防も危ないし…

車を横付けできる防波堤なんか良いのかな…。など、子連れで釣りに行くとなれば考えることはたくさんあります。

が、ズバリ!

子連れで釣りをするのに適した最高のスポットは、砂浜(ビーチ)です!

Miimin
Miimin
なんで砂浜なん~?
ヨッシャ!今から解説するね!
nnm
nnm

この記事はこんな方にオススメです

  • 子連れでの釣りスポットを探している方
  • のんびりキス釣りでもしたい方
  • 防波堤は危なくない?と感じている方
  • 小学校低学年位までの子を連れて釣りに行く方

ひとつでも当てはまれば、是非ご覧下さいね♪

ファミリーフィッシングにはサーフ(砂浜)がオススメの理由

砂浜からの投げ釣りが一番オススメなのですが、理由はたくさんあります。

ひとつずつ解説していきますので、お付き合い下さい。

この記事を読んで頂ければ、サーフファミリーフィッシング最高!となるはずです!笑

こどもを自由に遊ばせてあげられるから

家族、特に子供を連れて釣りに行くと考えた場合、まず候補に防波堤があがると思います。

特に車を横付けできる防波堤なんかは最高では?

と思うかもしれませんが、そこには大きな落とし穴があります。

足場の良い防波堤は、休日は激混みです。

それこそ群れが回ってきていれば、等間隔で釣り人がいますので、まともに釣りが出来ません。

足場が良いとは言え、フラットなだけで防波堤なんかは海面からの高さもあります。

一瞬目を離した隙に落下する危険もあります。

そして、周囲の釣り人にも初心者が多いため、キャストする釣りはオマツリの危険があり、釣りの選択肢がほぼサビキか落とし込みに限られます。

(サビキについてはこちらの記事で、落とし込みについてはこちらの記事で詳しいコツなんかを説明しています。)

お気付きかもしれませんが、サビキ落とし込みも、忙しい釣りです。

パパママは子供が釣った魚を外したり、餌を入れたり、仕掛けが絡まったりと大忙しです。

他の釣り人の迷惑にならないように、子供に常に気を張っていると疲れます。

私にとって、釣りをする時間は自然を感じる贅沢な時間ですので、あまり忙しい釣りが好きではありません。

まして、せっかく遊んでいるのに子供を叱りたくありませんしね(^_^;)))

人が少なければ、キャストの練習をする事もできますので、小学校低学年位までは砂浜に行くのがベストな選択肢だと思います。

お手軽な釣りだから

砂浜の写真

ちょい投げ釣りですと、1度仕掛けを投入すると、後はじっくりサビいて来るだけです。

ジェット天秤に道糸を結んで、市販のキス仕掛けを接続すれば仕掛けの完成です。

餌はゴカイかイソメがあれば良いので、アミエビなんかで車も臭くなりません。

子供が小さな間は、パパかママが仕掛けを投入し、子供にリールをゆっくり巻かせます。

(人が歩く程度のスピードで仕掛けを巻きます。リールの巻き取りで感覚をつかむのは難しいので、道糸を張った状態で、ロッドを半円状に動かし巻き取るを繰り返すと感覚が掴みやすいです。)

基本的にビーチは整備されていますので、根掛かりもしにくいです。

しかも投げて巻いてくる間はパパとママは自由になります。

別の釣りを楽しんでも良いですし、イスなんかに座って休憩するのも良いでしょう。

子供が釣りに飽きてきたら、砂浜で遊べます。

海から離れた位置で遊ぶ分には安全です。

子供はすぐに釣りに飽きるしな~。遊べるのは良いね!
Miimin
Miimin

泳がせ釣りで置き竿にして放置してみたりも良いでしょう。マゴチやヒラメなんかが釣れるかもしれません。

釣れる魚も美味しい魚が多いので、砂浜でのちょい投げ釣りはお手軽です。

キスやヒラメなど美味しい魚が釣れるから

基本的には、メインターゲットはキスです。

(キス釣りの大阪湾奥ポイントに関して、以下の記事でも詳しく解説しています。)

砂地の女王シロギス。コツコツ引いて楽しく、食べても美味しい魚。実は大阪湾奥でもちょい投げでキスが釣れるんです。
キス。魚が喜ぶと書いて鱚。海の貴婦人とも呼ばれます。砂浜における夏のメインターゲットです。釣るとなると、大遠投が必要なイメージがありますが、実は身近な所でも簡単に釣れるんです。コツコツと手元に伝わるアタリが癖になるんです...

ちょい投げ釣りでのアタリは、明確に竿先に出ます。

キスならブルブルッ。マゴチならゴンッ。フグならピクッ!てな感じです。

少しワンド状で深くなっている部分なんかでは、シーバスが喰ってきたりもします。

私は過去に真鯛も釣ったことがありますので、何が釣れるかわからないのも面白い部分です。

ビーチで釣りがしやすい時期

オススメは10月~11月です。

夏は釣り目的以外の方々がたくさんいますし、9月頃はサーファーがいたりしますので、少し肌寒く、海に入る人がいない時期が最高です。

キスは夏の魚のイメージが強いのか、寒くなってくるとあまりキス釣りをしている方は見かけなくなってきます。

11月頃に釣れるキスは大きくて美味しいので、実は寒くなってきた頃はとってもオススメです。

さすがに12月とかになると、沖の深場に群れが移動しますので、かなりの遠投が必要にやってきますが、11月頃でしたらちょい投げで狙えます。

基本的に群れで行動しますので、ある程度数も釣れたりします。

11月に釣れたキスの写真

10匹程釣れたら、美味しいオカズになりますね(*^^*)

キスが釣れたら基本的に迷わず天ぷらにしますが、塩焼きもお刺身も美味しいんです!

キス釣りに関するコチラの記事で、私の大好物である、キスの大葉梅巻き天ぷらについてもご紹介してますので、是非一度読んでみてください。

この時期には、比較的大きいキスが釣れることが多く、アタリが楽しめます。初心者の方や、子供にも分かりやすいアタリがほとんどですので、少し肌寒いですが、ビーチでの釣りを楽しんで下さい!

何よりも、こどもの行動をあまり制限しなくて済むのがありがたいですよね(^-^)v

他にも釣り関連の記事がたくさんありますので、一度読んでみてくださいね!

【爆釣DIY】太刀魚にノーシンカー(錘なし)仕掛け!喰い渋りに効果大!おかっぱり特攻仕掛けの自作方法を解説します!
私の一番好きな釣りは太刀魚釣りかもしれません。激しいアタリに綺麗魚体。釣り上げた時の虹色のようななんとも言えない美しさは癖になります。5年位前までは、関西(大阪湾)で簡単に太刀魚が釣れていましたが、体感では年々釣れなくなってきてい...
【超短竿】穴釣りの魅力。プロマリンの極光テトラDXを5年使い続けたレビューと評価。中国製釣竿は激安でコスパ最高です。
壁際、テトラの穴なんかで根魚を狙う穴釣り。1m前後の超短竿が使いやすくて良いのですが、その中でも私が愛用しているプロマリン極光テトラDXについてご紹介します。魅力や耐久力についてもお伝えしますね。初心者にこそオススメの極光...
砂地の女王シロギス。コツコツ引いて楽しく、食べても美味しい魚。実は大阪湾奥でもちょい投げでキスが釣れるんです。
キス。魚が喜ぶと書いて鱚。海の貴婦人とも呼ばれます。砂浜における夏のメインターゲットです。釣るとなると、大遠投が必要なイメージがありますが、実は身近な所でも簡単に釣れるんです。コツコツと手元に伝わるアタリが癖になるんです...
サビキで人よりも多く釣りたいなら、長い釣竿を使って下さい。バスロッドでサビキは短すぎです!
簡単なようで奥が深いサビキ。釣れる魚はほとんど美味しいサビキ。一度は飽きてきますが、初心者を抜け出したあたりからサビキは再び面白くなってきます。この記事ではこんな事を解説します。 サビキでたくさん釣りたい 人よりも多...