釣り針はなるべく小さい針を使いましょう。小針のメリットを徹底解説します。

釣り

泳がせ釣りなんかで、大きめの魚を狙っていると、つい大きい針をセットしたくなりますよね。

小さい針だと大物がかかったら伸ばされそうですしね。

nnm
nnm

過去に足元サビキ仕掛けにボラが喰って針を伸ばされました…笑

しかし、通常のおかっぱりでの釣り(特に投げ釣り)に関して言えば、思っているよりも小さな針は頑丈です。

ある程度釣りに慣れた方ならば、大きい針を使うよりも小さい針を使ったほうが釣果が伸びるでしょう。

nnm
nnm
小さい針だと魚をバラシそうでなんだか不安ですよね…

※ここでは防波堤などからの釣りをターゲットにして解説しています。

ヒラマサやクエ狙いなんかの、マジの大針のことではありませんのでご注意下さい。

この記事では、小さな釣り針を使用するメリットについて解説しています。この記事を読めば、小針を使ってもバラすことなく釣れる理由がわかります。

大針よりも小針。なるべく小さくシンプルなものが良い理由

釣りをしている時、他の人の仕掛けをじっくり見ることはありますか?

人の仕掛けを観察することは、確実に知識が増えますし、勉強になります。

もし見たことがなければ、一度じっくり観察してみてください。

釣りの上手な人の、ある共通点に気がつくと思います。

上手な人ほどシンプルな仕掛けに小針を使用している

上手な釣り人ほど、仕掛けはシンプルです。

これはもう疑う余地のない程で、いかに自然に餌を魚に届けるかというポイントにおいて、シンプルな仕掛けは他を寄せ付けません。

nnm
nnm

ルアーなんかは動きで魚の食い気を誘うので、また少し考え方は違いますが、如何に自然にベイトに見せるかという点では共通します。

また、さらにじっくり観察していると、周りよりも小さな針を使用していることが多いです。

ひとつ、以下の動画を見て下さい。

uomionlineさんの動画 YouTubeより引用しています

釣りの上手な人は、この動画のように魚は基本的に餌を吸い込む事を知っているのです。

当然、その餌には針が付いていますが、大きい針は抵抗が増え、吸い込みの邪魔になったりしますので小さい針を使用します。

ついつい大物が釣れた時の事を考えて、大きい針にしてしまいがちですが、小さな針でも伸ばされることはそんなにありません。

小さな針は大物に伸ばされる?

基本的には、軸の太さが同じであれば、大きな曲がりの針と小さい針では、小針のほうが頑丈です。

理由としては単純で、針の曲がりの部分のアールが小針のほうがより小さいからです。

サビキ用の超小型の針にスズキが喰ってこればさすがに針を伸ばされるかもしれませんが、ほとんどの場合は針のの結び目のほうが先に切れます。

また、最近はタックルも糸も品質が良いものが多いので、魚とのやり取りでだいたいはなんとかなる事も多いです。

パワーのある魚が相手だと小針はバレやすい?

良く、小さな針だとバレやすい。と言います。

確かに、針のフトコロが小さければ小さいほど魚の口にガッチリと針掛かりしないイメージはありますが、実際はそんなことはありません。

針掛かりの良さについては大きさよりも針先の鋭さのほうが重要です。

ガッチリと魚の口にかかれば、小針でもバレることはまずありません。

魚の食い込みの良さは小さい針に軍配が上がりますので、基本的には、自分て思うよりもワンサイズ小さい針を使うと良いでしょう。

ん~?小さい針の方が良いってこと~?
Miimin
Miimin
nnm
nnm
簡単に言うと、小さい針の方が釣れるよ!ってことかな!

大きな針の良いところ

色々と小さい針のメリットを解説しましたが、もちろん大きい針にもメリットはあります。

餌がつけやすい

特に虫餌を使う釣りなんかですと、針は大きい方が餌をつけやすいです。

針の根本をグッと持てるので、誤って指を針で刺す危険は減ります。

キスの投げ釣りをする場合なんかでしたら、5本針なんかの仕掛けもありますので、大きい針のほうが餌をつけやすいので助かりますね(*^^*)

また、フグに仕掛けを切られる対策として、あえて針の根本の長い釣り針を使用することもあります。

しかし、特に虫餌を食べる魚はほとんどが吸い込んで補食する魚ですので、小針に軍配が上がることは比べるまでもないでしょう。

nnm
nnm

夏の終わり頃、ピンギス(小さなキス)を避けるためにあえて大きな針を使うこともありますよ(*^^*)

釣った魚から針を外しやすい

こちらも目に見えてわかる大きい釣り針のメリットです。

特に初心者の方であれば、釣り針を魚から外しやすいのは便利です。

アイゴなど毒のある魚がよく釣れる釣り場では、針を外しやすいように、大きめの針を使うのも良いかもしれません。

釣りに少し慣れてきたなら小針を使用しましょう

このブログでは何度も書いていますが、仕掛けはシンプルイズベストです。

少しでも軽く、少しでも細く仕掛けを作るほうが良いでしょう。

仕掛けの中には、当然釣りバリも含まれます。

釣り針は、魚に一番近い所にあり、釣り道具の中で唯一、魚に直接接触する仕掛けです。

ウキの感度やオモリどうこうの前に、まずこの部分の違和感を取り除くことが釣果に繋がります。

しかし、なんでもかんでも細仕掛け小針が有利!かと言うとそうでもないのが釣りの難しい所ですよね…。

私もまだまだ勉強中。1度釣りに行けば10の悩みが出来ます。笑

最後までご覧いただきありがとうございます。

あなたが(私も)釣果に恵まれますように…